正月太り…早く痩せたいときにできることは?運動は必要不可欠?脂肪の蓄積を抑えるサプリって効果ある?

正月はどうしても食べ過ぎになってしまいますよね。
あまり動かないのにお餅やおせちをたくさん食べてしまって急いで痩せたいと思っても何からしたらいいのかわからない。。。

そんな方に今回は、

・正月太りで早く痩せたいときにできることは?
・正月太り解消には運動は必要不可欠?
・脂肪の蓄積を抑えるサプリって効果ある?

についてまとめています。

短期間に太ってしまったものはできるだけ早く対策をすることで脂肪が定着しないようにしておきましょう^^

スポンサーリンク

正月太りで早く痩せたいときにできることは?

016404

正月太りで3キロも増えちゃった…なんてよく聞きますが3キロも太ったら一刻も早く痩せたいですよね(汗
顔もお腹周りもひとまわりは大きくなってしまってる・・・

正月太りしたから早く痩せたいときにまずできることは、単純に食事を通常の食事に戻すことを始めましょう。

できれば七草粥で胃腸を休めた時からスタートして、普段どおりの食生活に戻していけばよいのですがその時にポイントがひとつ!

とりあえず一口分残す

これを徹底してみて下さい。

そして少しずつ食事の量を減らすことに慣れて腹7分目、8分目で満足できる体にしていきましょう。

正月太りは明らかに高カロリー、高糖質のものを食べるから起こるものです。

痩せたいなら食生活の見直しが第一歩となります。

それでも一度太った体は急には痩せませんので少しの運動やサプリを取り入れるなどしていくと効率よくダイエットできますよ^^

正月太り解消には運動は必要不可欠?

正月太りを解消するには運動は必要不可欠なのでしょうか・・・?

と聞かれれば、

はい 必要です!!となります。

正月太りは食べ過ぎプラス運動不足からなので効率よく痩せるのであれば、食事の見直しと同時に軽い運動が必要になります。

かといって、急激にハードな運動をする必要はありません。

あくまでも続く程度というのが大切です。

正月太りによい運動は?

★ ウォーキング

痩せるにはやっぱり有酸素運動が一番効果があります。

でもウォーキングするぞーと意気込んでもなかなか続かないですよね(汗)

なので、日常にとり入れていきましょう♪

通勤なら一駅手前で降りて歩くとか、買い物を歩いていくとかで取り入れると良いですよ♪

ただ、有酸素運動だけでは痩せにくいんです。

それは、

筋肉がないと脂肪を燃やしにくい

からなのです。

★ 筋トレ

筋トレか・・・と思うかもしれませんが毎日簡単なもので大丈夫です。

・ スクワット
・ 踏み台昇降

などで太ももの大きな筋肉を鍛える運動を取り入れてみましょう。

大きな筋肉を鍛えることで、自然と消費カロリーが増えていきます^^

でも、あまり無理をし過ぎないことがポイント。

無理してしまうと挫折しやすくなるので、毎日続けられる範囲でやってみてくださいね。

食事の見直しと運動で正月太りはかなり解消する方向に向いていきます。

もうひとつ取り入れるなら、補助的な役割でサプリメントを飲むことですね。

私が成功したダイエットは

・ 食事を腹7分目
・ 続けられる運動を毎日
・ 脂肪の蓄積を抑えるサプリを追加

になります。次に脂肪の蓄積を抑えるサプリについて簡単に書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

脂肪の蓄積を抑えるサプリって効果ある?

私は食事の見直しと軽い運動にサプリを追加したことで、ダイエットに成功したと思っています。

食事の見直しと運動だけで十分すっきり痩せられる方もいるでしょうが、どうしても食べたいものがあるときってありますよね(笑)

なので、私は我慢できずに食べてしまった時でも安心というか罪悪感から解放されるためにもサプリを追加しました。

そのサプリはダイエットのみかたというものです。

リフレさんから販売されていて、初めは販売元も有名なとこなので安心かなって気楽な感じでした^^

しかも、ダイエットのみかた 公式サイトを見るとわかりますが、最初がすごく安かったので試すにはもってこいだったんですよね(笑)

すっごく気軽に始めたサプリですが、お腹周りがすっきりしたのはこのサプリのおかげかなって思います。

食事を制限したり運動もしているのに痩せることができない…という方は試してみる価値ありますよ~^^

まとめ

いかがでしたか?

・ 食事の見直し(腹七分目に)
・ 有酸素運動と筋トレを取り入れる
・ 脂肪の蓄積を抑えるサプリ

というように、正月太りを解消するための3つのポイントを紹介させていただきました。

必ず無理をせず続けられることを目標に頑張って下さいね♪
参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする