単身赴任の手当の平均は?水道光熱費はどのくらい上がる?赤字になりそうな時できることは?

急きょご主人の単身赴任が決まり、初めてのことで今後の生活に不安がでてきてしまった…。今でも精一杯なのに…。

そんな方に今回は、

  • 単身赴任の手当は平均どのくらいもらえるの?
  • 単身赴任すると水道光熱費はどのくらい上がる?
  • 単身赴任で赤字になりそうな時できることは?

についてまとめています。参考になれば幸いです。

単身赴任の手当は平均どのくらいもらえるの?

c6d0fd825f12e6942e310b2b3edaacdb_s

単身赴任が決まったけど手当がどのくらいでるのか見当もつかないと不安ですよね。家族が2つに分かれて生活するんですからそれなりに生活費も増えてきます。

単身赴任の手当の金額は会社によって違うのではっきりとは言えませんが、だいたいのところは家賃は会社持ち。帰省のための交通費や水道光熱費がでる会社もあるようですが最近の不景気で会社も単身赴任者にそこまで手当を出してくれるのかはわかりません。

一番いいのはご主人が勤めている会社に聞くことですが、なかなか聞きづらい…
単身赴任手当の平均は5万円~8万円のようです。

ただ、覚悟しておいた方がいいのはもし家賃・光熱費・帰省交通費まで手当として出たとしても、ご主人1人が生活するのに必要なお金は変わりません。食費も家族そろっての分より高くつくことは想像できますよね(汗

男性が一人暮らしで毎日安く済むように買い物を考えて自炊するとは思えません。。。どうしたってコンビニ弁当や外食が増えるでしょうし。

なので、単身赴任手当がそこそこ出たとしても今の生活費の1.5倍はかかると思っておいた方が良いかもしれません。

単身赴任すると水道光熱費はどのくらい上がる?

もし、単身赴任手当が家賃だけだったら…水道光熱費などの費用の心配もでてきますね。

水道光熱費は、今現在の家の分はほとんど変わらないと思ってください。

単身赴任で2ヵ所に分かれて生活する以上、水道光熱費はどんなに節約しても基本料金がそれぞれかかります。

ですからどのくらい上がるのか考えるとすれば、現在の光熱費が少しだけ安くなることを考えても現在の1.5倍。最悪2倍と思っておいた方がいいですね。

ご主人が単身赴任する前に節約について夫婦でよく話し合っておきましょう。
光熱費が安く済んでも食費がグンとアップしてしまうことがほとんどですから(汗

スポンサーリンク

単身赴任で赤字になりそうな時できることは?

単身赴任手当もあまりあてにできず家賃分だけとなると…きっとこれまでと同じ生活をそれぞれするようになると家計は赤字になってしまいます。

単身赴任で赤字になることは意外にもよくあるようで、それぞれの対策方法を調べてみました。

★ 単身赴任で家計が赤字になりそうなときできること

・ 可能であれば単身赴任ではなく家族でついていく

・ 家族は単身赴任中は実家に住むなどしてひとつ家賃を減らす

・ 奥様がパートにでる

中には単身赴任で生活が成り立たないという方もあるようで転職をする場合もあるようですね。

収入を急に増やすことはなかなか難しいので、夫婦で話し合ってこれまでの生活でできるだけ無駄を省けるようにして節約するのが一番いいかもしれません。

まとめ

いかがでしたか?

単身赴任の手当がしっかりとでるような大手の会社であればいいのですが、中小企業などではなかなかそうもいきません。

それぞれにできる限りので節約を心がけて単身赴任の期間を過ごせるようにがんばりましょう。

どうしても赤字になってしまい、奥様のパートもできないような状態であればご主人と話し合って転職も視野に入れていくのもひとつの考えだと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする