スコールとゲリラ豪雨の違いは結局なに?誰でもわかるように簡単解説

最近よく聞くようになった『ゲリラ豪雨』という言葉。

突然の大雨や雷、強い風という状態と想像はできますがそれって『スコール』も同じなんじゃないの?

と思ってしまいますよね。

実は明確に違いがあります。

ここではその違いを誰でもわかるように簡単にわかりやすくお伝えしています。

これで子供に質問されても明確に答えられますよ~^^

スポンサーリンク

スコールとゲリラ豪雨の違い

学術的な違いをしっかり書いていくと、ちょっと難しくなってしまうのでここでは誰でもわかるように解説していきますね^^

とても簡単にイメージしやすく説明すると

【スコール】・・・強い風が吹き荒れ、多くは雨も伴う状態(風がメイン)
【ゲリラ豪雨】・・予測不能で局地的に猛烈な雨、雷、突風がおこる状態(夕立のようなイメージ)

といった感じになります。

どちらも突然の大雨というのは同じなんですね。

ゲリラ豪雨とは?

『ゲリラ豪雨』という言葉は、気象庁が使っている言葉ではありません。

気象庁は、予報としては『局地的大雨』という言い方をしています。

『大気が不安定になり、突発的な予測不能な局地的大雨の恐れがある』

という予報はされても、ゲリラ豪雨の予報はありません。

結果としてメディアが伝える時に用いられる言葉で、ゲリラ豪雨は近年の異常気象から生まれた新しい言葉。

単独の積乱雲によりもたらされる、数十分の短時間に、数十mm程度の雨量をもたらす雨『局地的大雨』『ゲリラ豪雨』や『集中豪雨』ということになります。

引用:ウィキペディア ゲリラ豪雨とは

引用:ウィキペディア 集中豪雨とは

ゲリラ豪雨は『冷たい雨』

日本でおこるゲリラ豪雨は、発達した積乱雲から氷の粒が落ちてくるときに溶けて雨をふらすことがほとんどなので、『冷たい雨』と言われています。

そのため、氷の粒が溶けずに降ってきたときに『雹(ひょう)』となるんですね。

夏なのに急速に天気が変わって真っ暗…バラバラと雹が降ってくること、ありますよね(汗)

あれがまさにゲリラ豪雨と呼ばれるものになります。

スポンサーリンク

スコールとは?

スコールは局地的に一気に大雨になることだと私もずっと勘違いをしていたのですが、実は

豪雨などとは違い突発的な風の強まりをスコールと呼びます。

世界気象機関 (WMO) はスコールを「毎秒8m以上の風速増加を伴い、最大風速が11m/秒以上で、1分以上継続する」もの

としています。

引用:ウィキペディア スコールとは

多くの場合、この強い風に強い雨を伴うため『スコール』と『ゲリラ豪雨』がごちゃ混ぜになりやすいんですね。

ハッキリ言って…突風・大雨・局地的ということでやっぱりスコールとゲリラ豪雨は似てますよね(笑)

スコールは『暖かい雨』

南国などでよくあるスコールは、氷の粒が溶けて落ちるのではなく水のまま降るので『暖かい雨』とされています。

ですから、スコールでは雹が降ることはありえません。

難しい話は置いといて、聞かれたときに簡単に答えるには、はじめにお伝えした

【スコール】・・・強い風が吹き荒れ、多くは雨も伴う状態(風がメイン)
【ゲリラ豪雨】・・局地的に大雨、雷、突風がおこる状態(夕立のようなイメージ)

現象としては似てますが、全く別のものだということを覚えておけば大丈夫です^^

まとめ

スコールとゲリラ豪雨の違いをご紹介しましたがいかがでしたか?

簡単にまとめると

『スコール』は雨がメインではなく風がメインのもの
『ゲリラ豪雨』は雨がメインで突風や雷も伴うもの

どちらも現象は同じようなものですが、原因となるものが違うということを覚えておけば誰に聞かれても明確に答えられますよ^^

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする