竹島水族館の感想 アクセスと電車での行き方 ランチは子連れならココいいよ

初めて行った人は、その規模の小ささに驚く…と言われている竹島水族館。

ここの特徴は、水族館にお金を掛けられないので職員が手作りでPOPを作り、最近はお客さんまでがPOP作りに参加しているという面白い水族館。(今年度は募集が終了しています。)

最近では家族連れだけじゃなくカップルもよく来ていますね^^

確かに、よく言われているように館内は他の有名どころ水族館と比べると規模は小さいな~という印象でした。

でも、逆にその小ささが子連れにとってはかなりいい!(笑)

そんな竹島水族館に行ってきたのでアクセス方法、電車での行き方などなど感想を交えてご紹介します^^

参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

竹島水族館へのアクセス方法&電車での行き方

車や電車でのアクセス方法をご紹介します。

車で

東名高速道路音羽蒲郡インターよりオレンジロード(無料)経由し道なりにまっすぐ南へ約15分

<名古屋方面より>23号線バイパス終点蒲郡インターより南へ道なりにまっすぐ約10分

電車で

JR東海道本線または名鉄蒲郡線 蒲郡駅南口より徒歩約15分

またはふれんどバスで西浦温泉行き(左回り)で竹島遊園下車。右回りに乗らないように注意して下さい。

駐車場情報

水族館専用の駐車場はなく、いずれの駐車場も周辺観光施設と共用です。

・水族館前駐車場 約40台(無料)
・竹島園地駐車場 約200台(平日無料)

 土、日、祝日、および4月27日から5月8日までは有料
 (4月、5月は500円それ以外の月は300円)

大型バス駐車場 14台(無料)
 ※普通車の駐車はできません

竹島水族館でのランチは?子連れならココがいいよ^^

竹島水族館内は食事ができません。

再入場できるので、アピタの2階のフードコートに行くことが多いです。

でも最近はラグナシアの隣のフェスティバルマーケット内にある「牧原鮮魚店」にはまっています。

仲買直営店なので、おいしい魚料理が食べられるんですよ^^

私は煮魚定食とメヒカリの唐揚げを食べましたがおいしかったですよ~。

もっと気軽にランチをするならアピタのフードコートに行けばスガキヤなどがあります。

子供連れにはお金もかからないし、食べたいものを選べるので良いと思います。

私も子連れのときはいつもアピタのフードコートでランチしてます(笑)

スポンサーリンク

竹島水族館の様子は?

とにかく狭いという印象(笑)

混雑時にはなかなか水槽の前に行けませんが、魚の展示の方法が面白く水槽以外でも楽しめます。

スタッフオリジナルの手書きのコメントやポスターを読んで廻るだけでも面白く、今までの水族館のように、ただ魚をみて廻るより逆に印象に残るという感じ。

地元の三河湾や遠州灘、熱帯魚や深海魚まで狭いながらも見たいものが凝縮されています。

カメに餌やりできたり、珍しいカビパラショーは是非見てほしいショーです。

一見やる気のなさそうなカビパラたちとスタッフとのやりとりに心がほっこりしますよ^^

すごく近い距離でカビパラが餌を食べる様子や、のんびりしている姿を見ることができてかなり満足♪

アシカショーも規模は小さいですが面白い^^

ただ座ってみる席はなく全席立ち見(汗)夏は暑く冬は寒いので対策が必要です。

竹島水族館に行ってみた感想

初めて訪れたときは規模の小ささにびっくり。

そして何より入場料が安くてまたびっくりしました(笑)

しかし、館内に入ってみたらこの規模の小ささがほどよく、小さな子供連れでも飽きることなく回ることができました。

スタッフのコメント付きの展示が面白くテレビ等で取り上げられる機会も増えたので、最近は週末になると入場チケットを買う長蛇の列ができます。

魚たちの展示方法がかなり面白くてウツボ軍団水槽や、コンクリートブロックを利用したさかなのマンションは必見です。

いつ行っても賑やかな印象の水族館です。

夏は期間限定でナイトアクアリウムがあって暗い館内を懐中電灯を持って館内を廻り、魚たちの夜の生態を見ることができるので子供と一緒に行くと勉強にもなるし楽しいですよ。

ついつい何回も通いたくなる水族館です。

魚にえさやりできる!

えさやりブースはいつも人気で100円から300円で餌をあげることができます。

いつもたくさんの子供たちがいて、エサに数に限りがあるので、エサをおく少し前に並んで待つのがおススメです。

えさやりブースはカップルや年配のグループ、小さな子供連れのファミリーが多いです。

カピバラのショーが面白い

カビパラショーは、とにかくカビパラがスタッフのいうことを聞きません(笑)

マイペースで餌をたべたり、歩いたり泳いだりしているだけです。

でも、それがまた何とも言えず面白くて、カビパラでなければ成り立たないショーだと思います。

すごく人気のショーなので開始時間をチェックして、少し前に水槽前に行くことをもおススメします。

ふれあいは何ができるの?

時期によって触れる魚は違いますが、ヒトデや小さなサメ、タカアシガ二、オオグソクムシなどと気軽にふれあうことができます。

特にだいおうぐそくむしはグロテスクで触るのに勇気がいります。

スタッフが付いていてくれるので、安心してお子様でも触れ合うことができます。

授乳室やベビーカーは?

授乳室はありませんが、ベビーカーを貸し出してくれるそうです。

トイレはおむつを替える台があります。

でも館内に自販機しかないので、その他は自分で用意した方が良いです。

館内は基本的にはお弁当を広げて食べることができません。

混雑状況は?

平日はさほど混雑は気になりませんでしたが、週末は入場券の購入時、行列になります。

ただ最近は有名になりすぎて、結構人が来ます。

でも、私はここの良さが良いので、何回も来て駐車場が止められずに帰ってくることもしばしば。

小さな水族館ですので、混んでいると少し狭い感じはしますが、近くで魚を見ることができます。

竹島水族館の料金・営業時間

【入場料金】
大人500円、小中学生200円(未就学児は無料)
25名以上からは団体割引

年間パスポート(1年間有効) 
大人1250円 子供500円(小・中学生)

【障害者割引】
下記を窓口で提示されますと、本人及び介助者1名まで無料入館できます。

身体障害者手帳、障害者手帳、戦傷病者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方は忘れずにお持ちくださいね^^

【営業時間】

朝9時から夕方5時まで(チケット購入、入館は夕方4時半まで)

夏の期間限定ナイトアクアリウム(夜間延長開館)時は夜9時まで開館

【住所、電話番号】

〒443-0031 愛知県蒲郡市竹島町1-6  竹島水族館

Tel:0533-68-2059 
Fax:0533-68-3720

竹島水族館の周辺施設ご紹介♪

水族館は竹島園地内にあります。
近くには開運・安産・縁結びの神様を祀る「日本七弁財天」のひとつとしても知られている八百富神社のある竹島があります。

竹島は周囲約680メートル、面積約1万9000平方メートルの小さな島で約30分で島の外周をぐるっと1周できます。

竹島周辺は海岸がひろがり、波打ち際で遊んだり、芝生の広場でお弁当を食べたりすることもできます。

季節によってはイベントも行われています。

宿泊施設はある?

ホテル、旅館はたくさんあるのですが、その中で「蒲郡荘」は個人的におすすめです。

蒲郡駅に近く、昼でもランチをやっていますが、特に夏にやるバーベキューは肉だけでなく、海鮮も焼くのでおいしいです。

夏は外でやるそうですが、行ったときは9月だったので室内でバーベキューをしました。

他にはホテル竹島や蒲郡クラシックホテル(旧プリンスホテル)があり宿泊できますよ。

チェック♪  楽天たびノート

まとめ

竹島水族館に行ってみて思ったことは、手作り感のあるなんだか心温まる水族館だな~ということ。

珍しい魚なんかが展示されている大きな水族館もいいけど、子供と一緒にゆっくり楽しむならかなりおすすめの水族館ですよ^^

ぜひ竹島のいいところも観光して帰ってくださいね^^

よい思い出作りができますように~

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする