子供がインフルエンザになったら仕事どうしてる?子育てママの体験談特集

子育て中でも夫婦共働き…インフルエンザの時期がやってくるとドキドキしますね。

中学生や高校生になっていれば多少自分でなんとかできるとはいっても、インフルエンザからくる異常行動が問題になってるので心配…。

みんなどうしているのか気になりますよね。

ここでは、いろんな年齢の子育て中のママたちにアンケートをとって体験談をまとめています。

色々試行錯誤している様子や、体験したからこそ思うアドバイスもたくさんいただいていますので参考になれば幸いです^^

スポンサーリンク

小学生と高校生のママの体験談

仕事が休めない時にどうしたの?

毎年のことですが、今年もインフルエンザの時期がやってきました。

ちらほらと学級閉鎖が始まり、毎日学校からの学級閉鎖お知らせメールと、ママ友達からのインフル報告にビクつく時期です。

上の子はもう高校生。異常行動は怖いけど、自分である程度はなんとかできる歳です。

問題は小学3年生の下の子。

そんな日々の中、週の始まり、火曜日のこと。

下の子がコンコンと咳をし始めました。おおお?こりゃ、ちょっと気をつけないと。

この時点ですぐに夫と相談です。

私、今週は休めない。
俺は再来週はほんとに無理!
じゃあ今週は頼んだ!

あらかじめこんな相談をしていました。

翌日、出勤して2時間後に学校からのお迎え要請が!

発熱しました。7度5分ありますー。とのこと。

いや、それもう絶対インフルでしょ。

1時間くらいかかりますーと先生に伝えて夫に即連絡。お迎えお願いします!

この辺までは打ち合わせ済み、スムーズです。

ただ、ぜんそく持ちの我が子のかかりつけ医は、発症から24時間経過しないと検査してくれないところです。

この時点でインフル確定とは言えません。
でも報告は早いほうがいい。

すぐさま上司にフライング報告です。

子供がインフルエンザなので休みとります!

このままだと土日挟んで月曜まで登校できません・・・と。

イヤ~でもこれ、インフルエンザじゃなかったら?ただの熱だったら?インフルエンザにかかって長期でまた休む可能性を残しながらの休暇です。

大人の事情で申し訳ないです。が、しかし、どうかインフルであってくれー!
予防接種済みだから、きっと重症化はしない。。。はず。

夫に連絡を取り、金月ならなんとか休めるけどう?

夫より返信。明日まで休める!とのこと。
ひとまずこれで安心?

そして発症当日、熱は7度5分より上がらず就寝。

朝起きてくると、6度台に下がっていました。

あれ?これほんとにインフルエンザじゃなかった?
ただのお熱?

疑念を残しながらの出勤…夫からの報告待ち。

そして10時半、インフル確定の連絡!

自分の読みは間違っていなかった!

そうして、無事に水曜木曜は夫、金曜は私、土日挟んで月曜私、というやり方でなんとか乗り切ることができました。

しかし、インフルエンザだとさすがに70代の両親に頼むこともできません。

高校生の上の子は何の役にも立ってくれません。

むしろ感染してしまったら親の負担は増えるばかりになります。

今回は土日を挟んでからだからまだ良かった。

しかしこれでは終わりませんでした。

親の私もインフルエンザ感染

治りかけの子供から私が感染してしまいました。

その結果、2日間休暇を延長するはめに。

学校保健法と違い、厚労省の定めで出社停止は特にないため、自己判断での出社となります。

一応、日数的には大丈夫、なはずですが…。

それ以前にこれ以上立て続けに休めません。
ほんとに自分の体調不良で休む余裕なんか無いので参りました。

ちなみに、私がインフルエンザで何もできない状態に陥りまして、結局夫にも時間休をとって貰う羽目になりました。
本当に申し訳なかったです。

もし、休みが取れなかった場合は半休数日で半日留守番で乗り切るつもりでしたが、とりあえず全部休んであげられてホッとしました。

子育て中でも共働きじゃないと生活が苦しい

異常行動のニュースを見ると、1人での留守番が不安になります。

でも共働きでないと生きていけない民たちには、どうしようも無い場合もあります。

病児保育は我が家では使ったことはありません。

かわいそうと思う人も居るのでしょうね・・・。

でも、働かないと生活できないのです。

むしろ病児保育に受け入れて貰えればラッキー。

空いていないことの方が多いですし、それなりにお金もかかります。

今のところ使わずに済んでいることに感謝です。

私の職場は、イヤな顔されるときもありますが、休ませていただけて大変ありがたい会社です。

自分が体験して思ったこと

やはり、早めの計画と報告、これにつきます。

学級閉鎖が出だした時点で伏線を張っておくのです!

インフルエンザで何クラス学級閉鎖ですよーと。

そして、最低限やっておくべき仕事を前倒しておくこと、日にちの決まっている仕事がある場合、パートナーにお伺いをたてておくこと。

インフルエンザの予防接種は?

予防接種はマストだと思ってます。

かかってもどうせなるし、とか、予防接種したらかかるようになった。

とか、予防接種よりかかってから病院行った方が安いし、とかいう方も居ますが、絶対に予防接種でかかりやすくなることは無いと思います。

かかっても症状が楽に済みます。

予防接種は打ってはいけないという記事を見かけたこともありますが、働くなら、留守番させる可能性が少しでもあるなら必要経費だと思っています。

普段からものすごく健康的な食事を作り、100パーセントオーガニックの食品と、着る物にも気を遣い、もしもの時は付きっ切りで看病出来る方は、しないという選択もあるのかもしれません。

でも、もしインフルエンザにかかってしまった時、子供が少しでも楽な症状で済むのであればしてあげたほうが安心ですよ^^

小学2年生と5歳のママの体験談

仕事が休めない時にどうしたの?

①夫に仕事が休めるか確認

1日休める時は夫にお願いしますが、そんなことはほとんどありません。

午前か午後どちらかだけでもお休みを取れた時には、お互いで午前と午後交代で休みを取り、バトンタッチで子守をします。

②自分の実家に頼んでみる

子どもの病状がそれほど深刻でなければ、我が家から車で30分ほど離れた実家の両親に面倒を見てもらえるか確認します。

あまりにも具合が悪い時(高熱や嘔吐、下痢、発疹などの症状がある時)には、祖父母に任せるのはちょっと不安なので(感染させてもいけないし、何かあったとき判断に困ると思うので)頼みません。

私の両親ともフルタイムで働いているので、そもそも預かってもらえること自体あまり期待できません。

もしも面倒を見てもらえる時には、朝早くに車で連れて行き、子ども預けてから、実家に車を置いたまま電車で出勤します。

帰りもなるべく早く仕事を切り上げて、電話で買い物等できることはないかお伺いを立ててから帰宅するようにしています。

③義理の両親に頼んでみる

こちらも子どもの病状が深刻でない時に限ってお願いしてみます。

ただ我が家から車で1時間半近く離れた場所なので、来てもらうのもかなり申し訳がない感じになります。

また、この時は義理の母の到着を待ってから出発すると仕事に遅れてしまうので、到着までの間は1人でお留守番をしていてもらっています。

義理の母と子どものお昼ご飯を用意してから出勤し、帰りもできるだけ早く帰ります。

④病児保育を利用する

病児保育の空きがあれば予約して利用するのも手です。

事前の登録が必須ですが、利用したい前日に電話で予約をとって利用することができます。

病院受診をしてから預け、迎えの時間もそれなりに早いので、遅刻早退にはなりますが休むよりは良いでしょう…
優しい看護師さんや保育士さんに相手をしてもらい、子供も楽しんでいるようです。

⑤一人で留守番

小学生の子だけに使える技ですが、インフルエンザの登校禁止の最終日のうような、元気な日のみやむなく留守番させることがあります。

子どもの具合が完全に良くなっていないといけません。

お昼ご飯やおやつ、DVD、ゲーム、宿題など万全の準備が必要です。

本人はケロっとしていますが(むしろ口うるさい母がいなくてうれしいらしい)、子どもを残していくのは気が気でなく、私は職場が近いので、昼休みに1度戻って様子を見るようにしています。

⑥自分で休みをとる

実際これが一番多いです。

色々と選択肢をあげましたが、子どもが具合が悪くなったときはほとんどこれ「自分で休みをとる」です。

例えばインフルエンザになったりすると、発症日を含めて子どもは6日間学校を休まなくてはいけません。

仕事を休んだ時の会社への対応

会社には正直に「子どもがインフルエンザになり、他に見る人もいないので、申し訳ないのですがお休みさせてください。」とお願いしています。

子どもの看病をしているうちに自分にもうつり、お休みしていてよかったねという状況になることも多々です。

私が働いている会社は子育て中のママがとても多く、理解があるので休ませてもらえます。

でもどんなに理解があっても、休んでいる分周りの人に迷惑をかけているのは事実!

休む際にはしっかり「ご迷惑をおかけします。」とお詫びして周り、休み明けに出社する際には「お休みをいただきどうもありがとうございました。ご迷惑をおかけしました。みなさんでお召し上がりください。」と小分けになった箱詰めの御菓子を持って挨拶するようにしています。

また自分がいつも迷惑をかけている分、他の方が同じように病欠をしたり、看護休暇を取った時には進んでフォローに回るようにしています。

「お互い様だよね」と同僚同士声を掛け合うようにしています。

そしてなによりも、日々の仕事に真面目に取り組むこと。

絶対に不要な遅刻や欠勤はしませんし、勤務中も勤勉な態度で仕事に取り組むようにしています。

仕事を休むことに限った話ではないですが、周りの人とのコミュニケーションをよく取ることもとても大事だと思います。

同じ働きながら子育てをしているママでも、子どもの具合が悪い時には一緒にいたい!大事な仕事があるからどうしても休めない!など考え方はいろいろ。

普段のたわいもない会話でも、子育てのエピソードなどを話していると、自分がどういう思いで子育てをしているのか、子どもを大事に想う気持ちが伝わって、子どもが具合悪いと伝えると、「○○ちゃん(子どもの名前)具合悪いんだー、心配だね。」など親身になってくれることも。

普段からコミュニケーションを取り合い、相互理解を深めることによって、気持ちよく仕事をできる環境を作っていけたら良と思います^^

0歳と5歳と8歳のママの体験談

核家族で自分の実家は県外、主人の実家は両親共働き。

主人も自分も正規職員のフルタイム勤務どちらもシフト制の仕事をしているため子供の病気のときは大変です。

仕事が休めない時にどうしたの?

今は育休中でお仕事をお休みさせてもらっているのですが、また未満児を抱えて仕事復帰するとなると、病気の時の対応を考えただだけでゾッとします。

基本子どもの体調不良の時には私が休みを取るようにはしていますが、どうしても休みが取れない時は旦那と半日ずつ年休をとって、職場の駐車場で子どもを受け渡したり、旦那が帰ってきてから出勤できるシフトにしてもらうようにしました。

お互いシフト制の仕事をしているため、なかなか休みの調整が難しい時もありましたが、その時は旦那の実家に預かってもらうこともありました。

ただ、熱が高い状態ではなかなか預かってもらうわけにもいかないので、熱が下がり、1日様子を見る場合に預かってもらう様な感じです。

下の子は熱を出すと一週間上がったり下がったりを繰り返す子だったので、本当に休みの調整に困りました。

上の子の時は熱が下がっても1日は熱が上がってこないか様子を見て保育園を休ませたりもしていましたが、下の子の時は短くても3日は休む事になるので、かわいそうとは思いましたが解熱したら次の日には登園させてしまうこともありました。

職場には状況を話していつ電話がかかってきても抜ける事が出来るように話しをして理解してもらいました。

幸い保育園から電話が掛かってくることは無かったのですが、朝起きた時は毎回ヒヤヒヤしながら子どもの身体やおでこを触ったものです。

朝の検温もドキドキ祈る様な気持ちでした。

毎回綱渡りの様な状況で、旦那の実家の両親や頼れるところは総動員で休んでいる状況です。

休ませてもらう時には周りの職員に理由と早く上がらせてもらう旨を説明して、休みが明けて出てきた時にはちゃんとお礼を言うのを欠かさない様にはしています。

インフルエンザの予防接種

インフルエンザにかかると怖いので、毎年予防接種は欠かしません。

万が一なっても、予防接種してなくてなるのと、予防接種を受けていてなるのとでは職場の印象も違います。

うちは予防のためもありますが、言い訳の材料としても予防接種を受けています。

自分が体験して思うこと

共働きをしていく上で、旦那の両親との関係はとても大事です。

特に私の様に自分の実家が遠方の場合、預かってもらうには旦那の実家を頼るしかありません。

日頃から義両親とはいい関係を築いておかないと快く預かってもらえないと思います。

なので、各種行事(誕生日や敬老の日など)はきちんと祝う様にして、どんなことでも否定せず受け入れる様に気をつけています。

また、子どもが慣れていないと預かってもらう事が出来ないのでよく遊びに行くようにしています。

成長も見せる事が出来るし、子どもも慣れるし・・・で一石二鳥です。と勝手に思ってます(笑)

また、保育園からの第1連絡先を面倒でも自分のケータイではなく、職場にしておくと、直接上司の耳に入りやすくなるので、抜けられる可能性が高いです。

また、職場の人との関係も大切だと思います。

自分が抜ける分フォローをしてもらうのですから、休ませてもらって当然という態度だけは絶対に良くないです。

たしかにお互い様という考え方はあるとは思いますが、気持ちよく休ませてもらえるように感謝する事や謙虚な姿勢は忘れないようにしています。

他の職員さんが同じ立場になった時も快く送り出してあげる、フォローしてあげることも大切で、ちゃんと自分に返ってくると思ってフォローするようにしています。

病気にかかりやすいのは未満児の時や復帰した1年が多いです。

年々子どもも丈夫になり、3歳以上になれば風邪などひくことが本当に少なくなります。小学生にもなればほとんど病気しません。

病気で休まなくてはいけないのも今の小さいうちで、迷惑をかけてしまうのも今のうちだと心の中では思いながら、勇気を出して強気で休みをもらっています。

以前職場の先輩から言われた言葉が「仕事の代わりはいくらでも出来るけど、お母さんの代わりは出来ない。お母さんは貴女だけなんだから、どんな事があっても子どもの事を1番に考えてあげなさい。」と言ってもらった事がありました。

本当に母になるとそう思います。

仕事はなんとかなるものです。

だって皆さんに助けてもらってやれている事ですから。

けれど、子どもたちのお母さんは自分しかいないと思うと、どんな冷たい目を向けられても休みを取らないといけないと思えます。

働きながら子育てをしていくことは簡単なことではありません。

けれど、色んな人に助けてもらいながら、時には自分も助けながら子育てしていくことは子どもたちにとってもマイナスなことではないと思います。

色んな人と成長かわ分かち合えることって本当はとても幸せなことなのではないかと思います。

なので、周りの人を巻き込みながら子育てと仕事の両立をしていけばいいと思います。

スポンサーリンク

生後10ヶ月の子供のママの体験談

仕事が休めない時にどうしたの?

私、夫、息子1人の3人家族です。

私たちは就職を機に関西に出てきたのですが、お互いの実家は九州にあり、私の両親も夫の両親も共働きであったため、私たち夫婦以外子供の面倒を見る人がいませんでした。

仕事柄あまり気軽に休めないので、息子の具合が悪くても少しぐらいだったら先生に事情を説明して保育園に預けてしまいます。

3日ほど前から風邪をひいていたのですが、突然嘔吐と下痢を繰り返し離乳食がたべられなくなってしまいました。

いつも風邪をひいているので今回も大丈夫だろうと考えていた矢先のことでした。

1日7~8回も下痢をしていたので、オムツ替えや水分摂取など大変でした。

時期的にノロウイルスやインフルエンザの可能性が考えられ、どうしても病院で診てもらいたい状態でした。

私たち夫婦は2人とも大学病院の技術系職員で、毎日たくさんの患者が来院するため、突然休むと他の人の負担が増えてしまいます。

事前に申請していれば休み自体は問題なく取れるので、健診などはきちんと連れて行くことができます。

しかし子供が生まれてからは自分の体調だけでなく子供の体調も管理しないといけないので、途中で保育園から呼び出されたり、連続して休みをもらったりと頭を下げてばかりです。

もともと育休から復帰するときに突然休む可能性があるということを上司、同僚に伝えてはいるのですが、人数の少ない職場で一人欠けるとかなり迷惑をかけてしまうので、基本的には職場の人数的にも余裕のある夫にお願いして休みをとってもらっていました。

今回は息子が嘔吐下痢症になったのですが、その時期はインフルエンザが大流行しており、夫の職場もその影響を受け職員が半分以上出勤停止状態。

前日の夜から具合が悪ければ、早くに休みの手配を上司にお願いできたのですが、出勤直前、朝の離乳食をあげたときに吐き戻してしまったことで具合が悪いのに気付いたのです。

夫と2人で話し合った結果、夫は休めないので私がどうにかして休むということになり、早朝でしたがすぐに上司の個人携帯に電話を入れました。

そのときに、夫の職場がインフルエンザの影響で人員不足だということ、お互いの実家が遠く誰も面倒を見てくれないこと、状態が悪く薬も飲まないといけないので保育園にあずけられないことを全部説明し、申し訳ないのですが休みを取ることをなんとか了承してもらいました。

夫も職場に相談してなんとか次の日の休みをもらうことができたので、2人で交互に休み息子の面倒を見ることができました。

病院で診てもらった結果、風邪による嘔吐下痢症ということでそこまで心配はいらないと言われ、吐き気どめと整腸剤をもらい、3日目には嘔吐も収まり、感染性のものでないことから保育園に預けることができました。

休んだ翌日職場に出勤し上司に子供の状態を説明して謝罪すると、子供のことはどうしても仕方ないから相談してもらっていいからねと言ってもらえて少し肩の荷が降りました。

もしこれがインフルエンザだったらと思うとゾッとします。

インフルエンザにかかってしまえば、ほぼ1週間ほど保育園を休ませなくてはいけません。

その時のための対策を考えておかなくては…とドキドキしながら過ごしています。

自分が体験して思ったこと

子供は大人より免疫力がないので、いくら気をつけていても小さいうちは体調を崩してしまうものです。

それもいつ崩してしまうか分かりません。

それはどの子供もそうだと思うので、働くママさんはもっと開き直ってもいいのかなと思いました。

今回のことで、小さい子供がいるママは看護休暇という特別休暇を取得することが認められており、年に5回を限度にこの休暇をもらえることを知りました。

この制度もきっとママたちを応援するために作られたものなんだと思います。

自分たちだって子供の時はいろんな人に迷惑をかけながら育ててもらったのだし、職場の人にも子育てに協力してもらっていると考えるようにするとストレスを抱えずに済むと思います。

ママがストレスを抱えてしまうとパパも子供も落ち着きませんし、何より自分の体が持ちません。

それで通用しない職場は逆に辞めた方がいいとすら思えます。

子供を育てながら働くママたちには、子供のために休む権利があるのは当然ぐらいに考えてもいいと思います。

あくまでも人に迷惑をかけているということは忘れてはいけませんが…。仕事も大事だけどやっぱり一番大事なのは我が子です。我が子を守れるのはパパとママだけ。

突然休んでしまったらその分お仕事をまた頑張って誠意を見せれば誰にも文句は言われないと思います。

しかし、今回のように迷惑をかけてしまうのは私自身が本当に心苦しかったので、両親がいる九州に引っ越すことを視野に入れ、現在は働いています。

これも夫との相談次第ですが、気持ちよく育児をして行くための一手段として前向きに捉えています。

他にも病児保育を調べておいたり、ベビーシッターを探しておいたりなどの万が一に備えておく手続きをしておくという手もあるかもしれません。

4歳と9歳の子供のママの体験談

仕事が休めない時にどうしたの?

上の子が1歳になる直前の4月1日から保育園に通うようになりました。

それと同時に家計のために私も仕事を始めました。

それまでは風邪をひくこともなく元気だったけど保育園の洗礼を受けて、通いだしてからはずっと風邪をひいているような状態。

朝登園したと思ったら10時過ぎに電話がかかってきてお迎えに行ったり、昼過ぎだったり…。

一度熱を出すと2日は熱を出し、やっと下がったと思って保育園に預けても、当日はなんとか通えても次の日やその次の日にまた熱を出す…を繰り返していました。

熱を出すたびに保育園に迎えに行き、そのまま小児科に行くを繰り返していました。

私の仕事は事務なのですが、会社の規模が小さく、私以外の人は現場に出る仕事。

事務所には私一人のことが多かったので休むという選択肢はありませんでした。

ただ、社長が子煩悩で私の子供のこともすごく気にかけてくれる方なのと、私以外事務件電話番がいないので、子連れ出勤を認めてくれていました。

なので、保育園から小児科に寄って会社に戻ったり、昼過ぎの呼び出しの電話の時はそのまま早退して小児科に通っていました。

保育園入園から1カ月過ぎてもすぐに病気をもらうのは変わらず、2か月過ぎても熱がすっかり下がらず、とうとう入院することになったのですが、まだ1歳の子なので親の付き添いが必須。

旦那は出張の多い仕事で、当時かなり忙しく私が付き添うことになったのですが、その時も社長は「いいよ」と二つ返事でお休みをくれました。

それでも何日入院になるかまだ分からない状態だったのもあり、支払日までに終わらせなければならない仕事や手配が多く、入院当日に義理の両親に「着替えを取りに行くからその間長女を少し見てほしい」とお願いをし、来ていただきました。

そして大急ぎで着替えを取りに行き、その足で会社に寄り、急ぎしなければならない振り込みの手配のみ片付けてから病院に戻りました。

なんとか旦那が半日休みを取って交代してくれたので、会社に行き、2時間ほど仕事をしてから戻りました。

頼れるとこがないから子連れ出勤

結局5日間の入院でしたが、完璧に良くなってからの退院ではないため、退院後も1週間ほど自宅療養となりましたが、もうこれ以上休めないため子連れ出勤していました。

当時、義理の両親が近距離別居で健在だったのですが、義理の父は子供の面倒を見れない人義理の母はうつ病闘病中のため頼れない状態でした。

ようやく1週間の自宅待機が終わって保育園に通えるようになった時はほっとしました。

忙しい時期だったので、事務所には誰もいなくて子連れでも大丈夫でしたが、逆に電話番もいないため、転送電話で現場で社長が作業しながら電話を受けたりと、かなり迷惑をかけたのにもかかわらず、「よかったよかった」と暖かい言葉をかけてもらえました。

1週間の会社待機中に集金で他社さんが来られることもありましたが、みなさん気にかけてくださりありがたかったです。

その後も熱を出したり、インフルエンザや水ぼうそうにかかったりしましたが、まず社長に伝えて「当日事務所に誰もいないか(現場がないこともあるため)」流行り病の時はみんなかかったか確認してから連れていくようにしています。

よく熱を出していた長女も、3歳ぐらいから熱をあまり出さない、丈夫な体になりましたが、小学校に通い始めてからはやり目やインフルエンザにかかっていまい、出席停止になったことがあります。

前は近距離別居でしたが義理の父が亡くなり義理の母と同居のため、長女が出席停止の時は自宅療養させるようになりました。

うつ病闘病中の義理の母ですが、だいぶましになってるのと、もう小学生なので一人でいても大丈夫との判断からです。(ご飯の用意をして置いていってるのと、温めるだけなら義理の母がやってくれるので)
それでも4歳の次女は熱があった場合義理の母の手に負えないので、会社に連れて行っています。

私のように会社に子連れで出勤できる人は少ないと思いますが…

私は急な電話で呼び出されても大丈夫なように、子供のおむつと布団(お昼寝用の小さな薄いマット)、着替えとおんぶ紐を会社のロッカーに置いていました。

具合が悪い次女が吐いてしまい、私にかかってしまったけど着替えがないこともあったので、私の着替えは車に常に入れています。あと、デスクに体温計を入れています。

自分が体験して思ったこと

子供の熱や体調不良は仕方ないこととはいえ、会社に迷惑をかけるので、普段から子供の体調を把握することと、会社で急な事態に備えて仕事をあとに残さないようにしています。

それでも病気になってしまった時は早く治るよう会社で寝かせています。

他の人や私にうつらないよう、会社にはアルコール消毒やクレベリンを置くようになりました。

私のわがままで子連れ出勤させてもらっているので、できるだけ私ができる仕事は進んでやり、「あの人がいないと困るよね」といわれるような仕事ぶりをするように心がけています。

私のように子連れで出勤するのを許してもらえるような環境は少ないかもしれないので参考にならないかもしれません。

ただ思うことは、職場の人間関係だけは常に気を使って良好に保っておかなくてはいけないと思います。

子供の病気で仕事が休めない 過酷だった13年前の体験談


これは13年前の私と息子の体験です。

仕事が休めない時にどうしたの?

働き始めて1年は息子が毎月、ひどい時は毎週具合が悪くなってしまいました。

保育所から流行っている病気はすべてもらってくるので1年はまともに通勤出来ず仕事を辞めてしまおうかと思いましたが、せっかく見つけた仕事なので休んでばかりでしたがどうにか過ぎていったのてす。

私の仕事は保育士でした。

前職の経験が10年あったという事で入ったばかりなのにいろいろな仕事を頼まれました。

職場は私を入れて5人の小規模な保育園でした。

これからバリバリ働いて稼ぐぞ!と張り切っていたのですが、息子は初めて私から離れての集団生活、朝は毎日大泣き大暴れ「保育所イヤだ、ママと遊びたい、帰るぅー!」…そんな息子がだんだん可哀想になってしまい、保育所の駐車場で私も泣いてしまうことがありました。

朝8時から夕方は6時まで息子をあずけていました。

登園を始めてから一週間程で息子は朝から高熱を出しました。インフルエンザの疑い濃厚です…

車で10分程の所に姑がいますが、仕事を持っている為頼めません。

やむなく車で40分程の私の実家の母にお願いすると「えー、熱があるなら私にうつったらイヤだから、具合が悪い時はママが見なさいよ」と言われてしまいました。

主人は元々協力的ではないので私がアタフタしていても言葉もかけてくれません。

仕方なく職場へお休みの電話を入れました。

「お子さん小さいから仕方ないよ」と言ってもらえ本当にホッとしたのです。

それから1週間お休みして2、3日保育所に行ったと思ったらまた熱を出したのです。そのまま溶連菌感染症にかかり10日位休みました。

職場にはお勤めして半年はそんな繰り返しで半分以上休んでいました。

さすがに電話を入れると「えー?また休むの?」と言われるようになり、休み明けにはお菓子を差し入れしたり気を遣っていました。

それでも・・・

「あなたは働く体制が出来てないのにここに来ちゃったんだね」
「保育士はおじいちゃん、おばあちゃんのサポートがないとムリよ。あなたのお母さんは気が回らないのね、あなた可哀想に」

など心無いことを言われましたが返す言葉もありませんでした。

私の職場の同僚はみんなおじいちゃん、おばあちゃんが子供の世話をするのが当然の人ばかり。

「私、もう2週間ご飯作りしてないわ、はははー」

みたいな会話が飛び交い私にとっては羨ましい限りでした。

子供がいて働きに出る過酷さを、頼る人がいない虚しさを痛感した4年間でした。

息子が小学生になるのと同時に退職。

小学生は学童保育がありますが、私的にはこれ以上息子に寂しい思いをさせることに耐えられなくなってしまったし、せっかく子育てのプロ資格があるのに自分の子供が放ったらかしなのは納得がいかなかったのです。

自分が体験して思ったこと

現在は病児保育をしてくれる所が私の町にも出来ました。今なら多くなったのかもしれませんね。

私が困っていたあの頃に、もしあれば迷わず利用していたでしょう。

そして人手不足の問題もあるのでしょうが、そんな施設を沢山作って欲しいと思います。

一人で困っているお母さんは沢山いるし、やむを得ず家に一人で置いていかれている子供たちもいるはずです。

子供を持つ前は第一線で働いていた方も身動きがとれず悩んだり焦ったりしているはずです。

お母さんも子供も安心して暮らしていける世の中にもっとなって欲しいです。

あと、私のように子供は保育所で育つ、私は働いて稼ぐという単純な事ではありません。

私も息子がそれまでは丈夫だったのであんなに振り回されるとは思いませんでした。

急な病気の時や保育所も親が参加する行事があります。

様々な事を想定してご主人と相談してから働きに出て下さい。甘い考えでは親子で過酷な日々が待っているかもしれません。

私も保育士を辞めてから、週に4日5時間の仕事に変えました。

午後は体を休めたり家事にあてたり自由です。

一番良いのは毎日息子に「おかえり」を言ってあげられる事です。

一緒におやつを食べて宿題をみてあげてたまには公園に息子がお友達と遊ぶのを眺めに行ったり、そこで知り合ったママ友とお喋りしたりと充実した日々を送りました。

当然収入は半分近く減って苦しいですが、息子と二人で笑顔笑顔の毎日です。

そして現在は息子も中学生。

最近「オレさ、保育所初めはすごーくいやだったけど、小学生になってからお母さんがいつもいたから嬉しかった」なんて可愛い事を言ってました。

私の選択は間違いではなかったんだな、いい子に育ってくれて良かったと今は思います。

ご家庭の事情は様々ですが、これを参考になるべく無理をしないで下さい。

自分も大変だし、すべてのしわ寄せはお子さんに来るのでよーく考えてから働くママになって下さい。

それでも苦しかったら可能なら私のように自由なシフトの職場もありますよ。

大人数なので学校行事もすべて参加できるし、急な子供の病気で休んでも数十人が出勤しているのでほぼ影響なしです。

さいごに

働きながら子供を育てているママたちの体験談をご紹介させていただきましたが、いかがでしたか?

みなさんそれぞれの環境で、子供のインフルエンザや病気を乗り越えてきた様子がよくわかりますよね。

・親などに頼める環境
・誰も頼れない環境
・職場に恵まれている環境

それぞれですが、基本的に子供がインフルエンザになった時は気持ちよく仕事を休めるのが理想ですよね。何より心配ですし。

どんなに心配でもどうしようもない場合もあると思います。

そんな時にすぐに利用できるようにファミリーサポートへの登録や、近くの病児保育などしっかり下調べしておくといいですね^^

働くママ、みんな頑張ってくださいね~^^

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする