お年玉の相場はいくら?中学生や高校生は?赤ちゃんはどうしてる?

24a4b46cae17566b9d63fe2758d30766_s
ボーナス払いなど物入りな時期ではあるけど、子供たちのお正月の楽しみ、お年玉。
親戚の子の数も多いと悩んでしまいますよね。年齢でも違ってくるから相場が知りたい!

そんな方に

  • お年玉の相場 中学生編
  • お年玉の相場 高校生編
  • お年玉の相場 赤ちゃんはどうする?

年齢にあった相場をそれぞれ調べてみました。参考になれば幸いです。

お年玉の相場 中学生編

お年玉の相場というのは意外と難しいもの。
お付き合いの深さなどによっても金額が違ってくることもあります。

一番多い意見としては、

お付き合いの深さなどは気にせずに、金額を決めてしまうというもの。
確かに、小学生は〇〇円、中学生は〇〇円、高校生は〇〇円と決まっていれば悩まずに済みます。

調査の結果としては

中学生のお年玉で一番多い回答は5,000円でした。

中学生の子が親戚に多いとなるとかなりの出費になってしまいますので慌てずに済むよう今から準備しておいた方が良いかもしれないですね。

ここで、ちょっとお年玉について知っておいた方が良いことを伝えたいと思います。

★お年玉はできるだけ新札で渡しましょう!

★上司のお宅にあいさつに行ったとき、
 子供がいても『お年玉』を渡すのは失礼になります
 何か渡すのなら商品券などを『お年賀』として渡すのがマナーです。

お年玉の相場 高校生編

高校生のお年玉の一般的な相場は、10,000円

高校生ともなるとやっぱり平均金額はとても大きいですね。
この平均額、ここ何年も変わっていません。

今となっては高校生はお金がかかります。
スマホを持っているのも当たり前になってるし、お付き合いにお金がかかったり・・・

不景気と言われる今でも、10年前でもお年玉の相場は変わっていないんですよね。

せめてお年玉くらい・・・という気持ちもあるんでしょうか。

我が家はお年玉をあげるところが少ないので、まさにこの相場通りの金額でした。

小学生=3,000円
中学生=5,000円
高校生=10,000円

一般的なお年玉相場そのものでずっと通しました。

兄宅の方が子供の数が多く我が家はいつもマイナス(・・;)

兄弟間では、同じ金額でやりとりできるように初めからトータルの金額を話し合っているというところもあるようですね。
我が家もそうだったらよかったんだけど・・・

スポンサーリンク

お年玉の相場 赤ちゃんはどうする?

親戚のお宅に赤ちゃんが産まれたけどお年玉ってどうしたらいいんだろう・・・。

赤ちゃんにはお年玉なんて意味がわからないから渡さないという意見と
気持ちとして1,000円渡すなど、赤ちゃんのお年玉については、結構意見がばらつきます。

もらってばかりで悪いから・・・ということで赤ちゃんでも渡しているという意見もありますが
赤ちゃんが大きくなったときにどちらにしても渡していくのですから

私個人としては赤ちゃんにお年玉は必要ないかな・・・と思います。
お年玉というよりは、何か食べられるくらいになっていれば赤ちゃん用のお菓子などを
手土産感覚で持っていく感じですね。

ただ、自分の子供が赤ちゃんの時にお年玉をもらっていた場合は
礼儀として赤ちゃんでもお年玉を渡した方がいいですね。お返しのようなものです。

一般的にお年玉は幼稚園に入るころから渡すという意見が最も多く
赤ちゃんに渡すというのはとても少ないようです。

まとめ

お年玉相場金額のまとめ

★中学生 5,000円
★高校生 10,000円
★赤ちゃん 原則渡さない。渡すとしても1,000円まで

いかがでしたでしょうか。
今回の記事には入っていませんが、小学生のお年玉の相場は3,000円となっているようです。

親戚づきあいで関係性を悪くしないよう
お年玉は相場にそった金額で渡していったほうが良さそうです。

もちろんお互いに話し合ってというところも多いので臨機応変に対応していけばよいと思います。

でもひとつ注意しておきたいことが・・・

今年は奮発!といって多くお年玉を渡してしまうとあとでしんどくなる可能性があります。
お年玉の金額をあげることは簡単ですが、去年より下げるというのは結構しんどいかもです。

マナーに沿って気持ちよく1年をスタートさせましょう♪

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする