子供がインフルエンザ!仕事を休めない…親は出勤…預けることはできる?

3歳の子供…前日まで元気だったけど、突然の高熱。

ちょうどその日は休みだったので慌てて小児科に連れて行くと案の定、インフルエンザ…。

困ったことに私は専門職についているため変わりの人がいないため、子供がインフルエンザでも仕事が休めない!

同じように主人も仕事を急には休めません。

子供が病気のときはできたらそばで看病してあげたいけど、どうしても仕事が休めないことってありますよね。

そんなあなたに、子供がインフルエンザで仕事が休めない時、私がどのように対処したかの体験談です。

スポンサーリンク

子供がインフルエンザでも仕事を休めないとき、どうしたのか

通常の風邪ならば実家に預けるのですが、インフルエンザということで高齢の両親に移したら大変!

でも通常の保育園ではもちろん預かってはもらえませんし、留守番させるのはちょっと怖い…。

そこで、私が住んでいる自治体のファミリーサポートにお願いしました。

こちらのスタッフさんは特に看護師免許や保育士免許、幼稚園教諭の資格があるわけではなく、子育てを終えた年配の女性ばかりなのですが、事前の説明で、子供との関わり方や現代の子育て方法、また、病児に関する知識について研修を受けている方達ばかりなので安心してお願いしました。

子供が病気でも助かるファミリーサポートのシステム

ファミリーサポートのシステムとしては、センターに連絡をし、現在の子供の年齢、病状などの確認、依頼する時間帯、緊急連絡先についてなどを報告し、センターがスタッフさんを手配して、決定したら担当スタッフさんから直接私のもとに連絡がくる、という仕組みです。

ファミリーサポートの利用方法

当時、インフルエンザが流行していて混雑しているのか、なかなかスタッフさんが決まらず、いつもよりも時間がかかりましたが、無事スタッフさんが決まり、翌日についての打ち合わせをしました。

当日は、ファミリーサポートセンターから事前にいただいている書類に必要事項を書き込んで用意しておきます。

内容は、子供の名前、年齢、前日と当日の食欲やトイレの状況、投薬指示など基本的なことばかりなので特に難しい内容ではありません。記入後、捺印をして完了です。

そのほかに当日用意しておくものは、

・着替え一式
・昼食用のお弁当
・飲み物(私は麦茶を水筒に入れたものと、紙パックのジュースを一つ用意しました)
・いつも使っている体温計
・薬(解熱剤の座薬も)
など基本的な看病セットです。

その他、病状が急変したり、不測の事態に備えてすぐに受診できるように保険証やかかりつけの小児科の診察券、お薬手帳など受診に必要なもの一式、自宅の鍵です。

これらもすべてファミリーサポートセンターから用意するべきもののリストを渡されるので、その通りに用意すれば大丈夫です。特別に用意するものはありません。

指定の時間になるとスタッフさんが自宅まで来て、ゴミ箱や洗面所、トイレについて一通り説明した後、私は仕事に出勤することができました。

スポンサーリンク

インフルエンザの子供を預けてる間

仕事中はいつでも電話に出られるようにスマホをユニホームのポケットに入れておきました。

もともと、仕事中のスマホの所持は認められていないのですが、緊急事態ということもあり、職場の上司に状況を説明して許可を得ました。

このあたりは信頼関係にも関わることだと思うので、些細なことでもイレギュラーなことをするときは必ず報告、相談するようにしています。

ファミリーサポートを利用したときの子供の様子

子供はスタッフさんを「先生」と呼び、楽しく遊んでいたようで、私が帰宅するとぐっすり昼寝をしていました。

帰宅後はスタッフさんから当日の状況についての説明を受けつつ、レポートをいただきます。

そのレポートには何時になにをして遊んだか、何時にトイレに行ったか(おしっこかうんちか、うんちの様子はどうか)、食事は何時にしてどのくらい食べたか、お昼寝を始めたら呼吸チェックは何時にやったかまで詳細に記載されていますので、とてもわかりやすい内容です。

インフルエンザなのでしばらく登園停止となったため、その後数日間、ファミリーサポートをお願いしました。

金銭的にはちょっと痛いですが、仕事をしていく上で仕方のないことだと思っています。

自分が体験して思ったこと

専業主婦だったら、こんな時にずっとそばにいてあげられるのに、という自責の念を持ちつつ仕事をしていましたが、帰宅後、子供が「先生となになにして遊んでねー、折り紙の作り方教えてもらってねー、おままごとでハンバーグ作ってあげてねーあとねーあとねー」と矢継ぎ早に楽しかった、という話を聞いてホッとしました。

母親不在でも楽しませてくれるスタッフさんの技量に感謝です。

一度だけ、スタッフさんに「子供が病気してもそばにいてやれないから、仕事しないほうがいいのかな」とぽろっと漏らしたところ「今時働いている親なんて当たり前なんだから、大丈夫大丈夫」と言って貰えて救われたことがあります。

休めるなら休めばいいし、休めない職場環境であるならば、それは決して母親が悪いのではなく、そういう体制を作っている職場のせいです。

自分を責めないで、仕事をしていることに胸を張って行きましょう!

うちの自治体のファミリーサポートは当日申し込みも可能なので、急な病気にも対応してくれます。

そして、どこのファミリーサポートも同様だと思いますが、お昼を挟む時間帯だとお弁当が必要になるので、私はお弁当のおかずになりそうなものを常に冷凍庫にストックして、いつでもお弁当を作れるようにしています。

働くなら利用するしないは別として、とりあえず登録だけでもしておいて損はないと思います。

全国のファミリーサポートセンターの検索はこちらからできます

まとめ

子供がインフルエンザにかかり心配で仕方なくても、どうしても仕事を休めない環境の場合も多いと思います。

高齢の両親に預けるのも危険なので、子供を預けるならファミリーサポートの利用を考えてみてくださいね^^

いつでも頼めるように、事前に登録しておくと安心ですよ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする