イチゴ狩り体験|紅ほっぺとあきひめ食べ比べ 愛知編!子供におすすめ

イチゴ狩りって何歳になってもテンション上がりますよね^^

私が行ってきたのは、紅ほっぺが食べれる愛知県渥美半島にある『ほんだびれっじ』

アンティークな家具があったり、流木が使ってあったり作りのオシャレないちごハウスです。

せっかくイチゴ狩りに行くんだから食べ比べできるところがいいな~と思って見つけたのが『ほんだびれっじ』でした。

そんな『ほんだびれっじ』のアクセス方法や料金、体験したからわかる子供にもおすすめできる理由など詳細をご紹介します^^

スポンサーリンク

イチゴ狩りで紅ほっぺが食べれる愛知県のおすすめスポット

愛知県には知多半島などいくつかイチゴ狩りができるスポットがありますが、私が今回行ってきたのは『ほんだびれっじ』というところ♪

なんといっても、甘さと酸味のバランスが美味しい紅ほっぺと、甘さが抜群のあきひめが楽しめます。

いちごやホームメイドジャムの常時販売、また夏はイチゴスムージーや冷たいイチゴスイーツ、冬はホットイチゴドリンク等のイチゴを使ったドリンクが楽しめます。

紅ほっぺと甘さ抜群のあきひめが食べ比べできるということでワクワクして行ってきました^^

ほんだびれっじ詳細

そんなほんだびれっじの行き方など詳細をご紹介します。

住所&アクセス

郵便番号 441-3426
愛知県田原市大久保町大新田130

電話番号 090-6616-1500

街中から少し外れた場所にあるので車で行くのが便利です。

豊橋から国道259号線を伊良湖方面に進み、「大久保南」信号左折900m右折。
ほんだびれっじと描かれた赤い看板を目印にしてください。

駐車場は無料駐車場があるのでそちらに停められます^^
ただ、台数に限りがあるので、予約時に駐車台数を伝えます。

最寄駅は豊橋鉄道田原駅ですが送迎バスはありません。

開園時期

1月2日~5月上旬になります。
いちごの実り具合によって変わるので電話で確認してみてくださいね^^

料金

イチゴ狩りの料金は時期によって変わります。

1月2日、3日

大人〜小学生1800円
幼児(3才以上) 1300円

1月7日~3月19日

大人〜小学生 1600円
幼児(3才以上) 1000円

3月22日~

大人〜小学生1300円
幼児(3才以上) 800円

なお、制限時間は60分でした^^

入園方法

予約優先で先着順ですが、いちごの実り具合で予約なしで入れる場合もあります。

できれば予約しておくほうが安心です。

いちごの実り具合で予約が早く終了する場合もあるので要確認!

イチゴ狩りで子供におすすめだと思った理由

イチゴがちょうど小さな子供の目線あたりの高さなので、子供達も夢中になっていちご狩りをしていました。
自分で好きなのを見つけて取れるのがすごく楽しかったようです。

親としても毎回抱っこして取らせる…ということがないだけでもかなり好印象(笑)

毎回抱っこして取らせるのって意外としんどいので(^_^;)

スポンサーリンク

体験からわかったこと

受付時、時間帯によっては混み合い少し待ちますが、ほんだびれっじは予約制ですのでスムーズに入園できました。

受付横に注意書きがあり、いちごの食べ方やみつばちへの配慮などかいてあるので、必ず目を通しましょう。

いちごは紅ほっぺとあきひめがあって食べ比べもできますよ^^

いちごのある高さが腰あたりなので、しゃがむことなくいちご狩りを楽しめたのも楽でよかったです。

ハウス内はみつばちが飛んでいますが、全然気になりませんでした。

入園時、練乳をいただけますが、まずは何もつけずに食べるのがおススメです。練乳は一回おかわりができます(笑)練乳なしでもすごく甘くて美味しかったですよ^^

トイレはハウス内にありますが、簡易的なぼっとん便所なので、事前に近くのコンビニ等で済ましておくことをオススメします。

ほんだびれっじは、イチゴ狩りだけじゃなくいちごのパック販売や、ホームメイドいちごジャムを販売していたので買って帰りました♪
いちごジャムはシンプルな材料で作られていて、とてもいちごの味を楽しめるものでしたよ。

注意点!

ハウス内は温かいのですが、風が強い地域ですので、車からハウスへの移動は少し寒いです。

必ず上着など防寒対策をしておきましょう。

ほんだびれっじは移動販売で愛知県内や浜松方面のいろんなイベントに出店していて、いちごスムージーやホットいちごドリンクがお手軽に楽しめます。

ほんだびれっじの周辺

ほんだびれっじの近くに宿泊施設等はありませんが、1月から3月は伊良湖を中心に渥美半島全体で菜の花祭りが行われています。

目的地までのドライブの道中、要所要所で黄色の鮮やかな菜の花畑を見ることができます。場所によっては菜の花積みも楽しめますよ~

市内各所のレストランでは菜の花や渥美半島名物の大アサリを使った料理を楽しむことができます。

土日祝は伊良湖の菜の花ガーデンでイベントも行われていますので、いちご狩りのあとにドライブしながら菜の花を楽しむのもいいですね。

ほんだびれっじから、菜の花ガーデンは車で40分位の場所にあります。

菜の花ガーデンがある伊良湖にはホテルの宿泊施設があります。

日帰り入浴が楽しめるホテルもあって、海を見ながらお風呂に入るのも伊良湖ならではの楽しみ方だと思います。

伊良湖は海水浴で有名ですが、春の海もなかなか^^灯台があるところまでお散歩も楽しいです。
海岸沿いに飲食店が並んでいるので、名物の大アサリや海鮮料理を楽しむことも♪

蔵王山とサンテパルクたはら

ほんだびれっじから車で15分くらいの場所に蔵王山や、サンテパルクたはらがあります。

蔵王山では展望台に登り、田原の景色を一望できます。
気候がいいと富士山も見ることができます。

蔵王山の夜景はとても綺麗で、電照菊の夜景が広がり夜景の名所の一つです。

また展望台のある建物内には、田原の魅力や環境への取り組みを映像や展示物でわかりやすく紹介した体験フロアや、カフェがあって、体験フロアではモーショングラフィックで田原の四季を体感できます。
カフェで五平餅やおしるこ、甘酒などを楽しむのもおすすめ♪

サンテパルクたはらは、農業をテーマにした体感型の公園!

動物と触れ合うこともできたり、季節の花を楽しんだり、大人も子供も楽しめる施設なのでイチゴ狩りをしたあとに、さらに子供と楽しむというのもいいですよ~

更に地元の新鮮な野菜を買うことができます。

また施設内のレストランでは、地元の野菜を使ったビュッフェを楽しみことができるし、近くには公園もあり土日にはイベントも行われているので家族全員で楽しめます。

まとめ

イチゴ狩りで紅ほっぺとあきひめが食べ比べできる愛知の『ほんだびれっじ』を紹介しましたがいかがでしたか?

ぜひ練乳なしで、紅ほっぺとあきひめの味を堪能してみてくださいね^^

イチゴ狩りに子供を連れて行くとき、子供が取りやすい高さにいちごがあるのってかなり重要ポイントですよ~(笑)

渥美半島は風が強い地域ですので、防寒対策をお忘れなく~

ぜひ、春の渥美半島を楽しみに訪れてみてくださいね^^よい思い出になりますように…

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする