お風呂のカビ掃除はこれで解決!


お風呂掃除の最大のテーマといってもいいでしょう。
取っても取っても、すぐに生えてくるお風呂のカビ。

カビが生えてからすぐであれば、意外にも簡単に取れてしまうものの、年季の入ったカビはなかなか取れない・・・。
とにかく掃除が大変なのです。かといってほかっておけないですよね。
カビにとっては、お風呂という最高の繁殖場所のカビ対策を調べていきましょう!

お風呂掃除で外せないカビキラーには注意が必要

カビ掃除といえば、みなさんご存知のカビキラーですよね。
カビキラーでなくても類似品をお使いだと思います。

カビの生えている部分に吹き付けて、しばらく放置してゴシゴシとこすればカビがキレイになくなってるー!

と掃除の時に毎度感動するものです。

ですが、そんなカビキラーですが、頑固なカビもキレイに落としてくれるほど強い洗剤なのです!

当然、注意書きもかなり細かく書いてあります。

子供に触らせないことは当たり前ですが、他にも単独での使用や必ず換気しながらなど。
大げさに思うかもしれませんが、ゴム手袋やゴーグルも着用した方がいいでしょう。

直接触れるのは避けた方がいいと思います。

換気しながらとはいえ、マスクも併用することをオススメします。

この注意書きを守らないと、お風呂掃除中や掃除後に気分が悪くなったりするケースが多くあります。
それだけ強い薬剤ということを理解した上で使用するようにしてください。

それは使うの怖いなぁという方や、臭いに敏感な妊婦の方などは、カビキラーを使用せずにカビ掃除しましょう!
「ミョウバン水」や「重曹」を使った掃除方法もありますので、そちらを試してみてくださいね!

下手すると、市販のカビ取り剤よりも取れることもあります。

スポンサーリンク

すぐに生えてくるお風呂のカビ対策

お風呂のカビを取ったはいいが、またすぐに現れますよね。
本当にキリがない戦いです・・・。

お風呂というカビにとって絶好の繁殖場所のため完全に繁殖を防ぐことは難しいでしょう。

ですが、繁殖をできるだけ防ぎ掃除の頻度を少しでも減らせるようにすることはできます!

その方法とは、掃除後や日々のお風呂を使用した後のケアです。
ちょっとしたことで、かなりカビの繁殖を防ぐことができます。

・換気扇は常に回しておく
・お風呂使用後に浴室の温度低下のため冷水シャワーで流す
・お風呂使用後カビの栄養分となる石鹸やシャンプーの壁や床に残ったものを流す
・週に1回でいいので50℃以上のお湯を浴室全体にかけてやる

他にもありますが、だいたいこのあたりをするだけでも大きく繁殖を防ぐことができます。
完全にカビの繁殖を防ぐことはできなくとも、少しでも繁殖を防ぐことで掃除の手間を大幅に削ることができます!

お風呂のカビを防ぐには予防も大事!

お風呂のカビ掃除とは、永遠に付き合っていくことでしょう。

でも日々のケアで、カビの繁殖を大幅に防ぐことが可能です。

カビができてから取るのではなく、カビの繁殖を防ぐ予防が大事です!

日々の少しの手間でお風呂をキレイに保ち、カビの繁殖しにくい浴室環境を作りましょう!

スポンサーリンク