ノロウイルスの原因になるのは牡蠣?熱処理すれば食べても良いの?

寒い季節が来たら食べたくなるのが牡蠣。
お鍋や牡蠣フライ・生牡蠣など冬の味覚の代表ですよね。
自分も大好きでよく食べてました。

一度ノロウイルスにかかってとても辛い思いをしました。

最近牡蠣がノロウイルスの原因になってるんじゃないか?
と言われるようになってトラウマがあるので牡蠣を敬遠していました。

牡蠣が本当に原因なのかな?
生牡蠣や牡蠣フライなどではリスクは変わるのかな?
食べられるなら食べたいんですけどね。

そんな方に知って貰いたいと思います。

  • ノロウイルスは牡蠣が原因?
  • ノロウイルスは熱処理をしたら安全なの?
  • ノロウイルスにかかったときは?

参考になれば幸いです。

ノロウイルスは牡蠣が原因?

079b448d835ca7416c11e8a9656ff4d0_s
ノロウイルスは牡蠣というよりも二枚貝が原因になることがあります。
理由は、牡蠣などの二枚貝の栄養の取り方です。
プランクトンを含んだ海水を取り込む。
そのときに海水中のノロウイルスも一緒に取り込んで蓄積されます。

これが何を意味するか分かりますか?
元々牡蠣にはノロウイルスがいるわけではないんです。
海域が汚染されてるから牡蠣にもノロウイルスが蓄積されてしまうんです。

ノロウイルスは下水処理をしても死なないのです。
工業地帯や生活排水が流れる河口は汚染されている危険があるので注意ですね。

生活排水を下水処理してもノロウイルスは死なないので、そのまま海に流れる。
牡蠣などの二枚貝がその海水を取り込む。
牡蠣など二枚貝の体内に蓄積される。
そして食べた人に感染してしまうと言うことです。

でも、牡蠣だけが原因ではないんです。
あまり知られてないですが牡蠣が原因での感染は1%程度です。
ほとんどが二次汚染が原因だと言われています。

少し汚い話になります。
ノロウイルス患者さんがトイレでお尻を拭く際に指先に少量の便が付着。
下痢や嘔吐の症状で便座など広範囲に汚染することで手指が汚染。
手洗いが不十分が原因で汚染が拡大する。

こういった感染の方が牡蠣からの感染よりもはるかに高いんです。
ちゃんとした牡蠣なら食べても問題ないと思います。

ノロウイルスは熱処理をしたら安全なの?

ノロウイルスは熱にも強いですがちゃんとした熱処理をすると死滅します。
中途半端な熱処理では死滅しないので注意して下さい。

ノロウイルスは85℃~90℃で90秒以上加熱しなければ死滅しません。
牡蠣の場合だと中心温度が90度になってから90秒以上の加熱が鉄則です。

不十分な熱処理だとノロウイルスに感染する可能性が高くなります。

生牡蠣も気をつけて欲しいです。
ちゃんとした生産者が出荷している牡蠣ならば生でも食べられます。
生産者がしっかりと分からない場合は安全面を考え熱処理をする方が良いと思います。

牡蠣は鮮度ではなく生産者を見て下さい。
鮮度は良くても熱処理を加えないと危険な物もあります。

これを守れば美味しく牡蠣を食べられます。

スポンサーリンク

ノロウイルスにかかったときは?

もしもノロウイルスにかかってしまった場合は絶対安静です。
特効薬やお薬がないので寝てるしかありません。
出し切ってしまうまで回復はしないと思って下さい。
自分も3日は苦しみました・・・

先ほども書きましたが嘔吐や下痢などの処理に気をつけて欲しいと思います。
二次感染の危険を減らすには便器などを消毒すること。
漂白剤などで消毒すると良いです。

家族に二次感染しないように気をつけて下さい。

まとめ

ノロウイルスの原因と言われてる牡蠣。
でもその原因を作っているのは自分たちだと言うことです。

キレイな海になれば生牡蠣ももっと食べられますが今の現状では厳しいです。

熱処理をしっかりすればノロウイルスの感染も防げます。
しっかりとした生産者なら生牡蠣も食べられます。

ちゃんと知れば牡蠣を今まで通り美味しく食べられます!(^^)!

スポンサーリンク