カーネーション母の日には何色がいいの?種類は?色別花言葉は?

母の日のプレゼントに喜ばれるカーネーションですが、
最近たくさん色の種類もあるから悩む…。
色の意味ってどうなのかな。

実母と義母ではあげる色が違うとか聞いたこともあるし・・・。

そんな方に今回は、

  • カーネーションの色、母の日には何がいい?
  • カーネーションの色の種類はどのくらいあるの?
  • カーネーションの色別花言葉は?

についてまとめてみました。

母の日に素敵なプレゼントができますように…。

カーネーションの色、母の日には何がいい?

2ea353ec0ebb0c0b4ef64af6405d0771_s
母の日の定番ともいえるカーネーション。

年に一度の母の日だから感謝の言葉とともに素敵なカーネーションを贈って喜んでもらいたいですよね。

ただ最近カーネーションの色がすごく増えてきたと思いませんか?

昔はカーネーションのと言えば赤。もしくはピンクって感じでした。

とかもあるけど、これは基本的に故人へ贈るものなのではぶいたとして、実母と義母では贈る色は違うというのも聞いたことがあります。

実母⇒赤のカーネーション

義母⇒ピンクのカーネーション

こんな風習があるようですね(汗

私は特に気にせず、実母も義母も同じ色のカーネーションを贈っていますが・・・。

どちらもすごく喜んでくれていますよ♪

最近では母の年代もそういうことにこだわらないようになっていると思うので、あまり色にこだわる必要はないんじゃないかと私は思います。

でもあまりに淡~いピンクなどは白にも見えかねないので避けてますが。

ただ・・・最近色がありすぎて困ります(汗

色の種類について調べてみたので次に紹介したいと思います。

カーネーションの色の種類はどのくらいあるの?

カーネーションは次々に品種改良されて増えているようですね。

大きく分けてスタンダードタイプ(1本に1輪の花)とスプレータイプ(1本に複数の花)があって好みによって分かれるみたいです。

カーネーション色の種類

★ 赤
★ ピンク
★ オレンジ
★ 青
★ 紫
★ グリーン
★ 白
★ 黄色

代表的なカーネーションの色をまとめてみました。この中には色の持つネガティブな意味があるものもあるのであとでまとめていきたいと思います。

この中でも一番人気はやっぱり赤やピンクの王道のようですが最近は変わった色のものをかわいくアレンジしてピンクや赤のカーネーションに添えて送ることも多いみたいです。
a6a3a9c0a997bfbb038589c7c179ef7c_s

かわいいですよね♪

この写真のようにブルーのカーネーション一色のものでもきれいでしょうが、赤のカーネーションに添えてある方がカーネーションのもつ意味としても母に伝わりやすくていいかなと・・・。

ちなみにオレンジのカーネーションも最近すごく人気だそうです。小さなお花屋さんでは変わった色のカーネーションは当日や前日に置いていない場合もあるので、事前に予約しておく方が良いみたいですよ♪

スポンサーリンク

カーネーションの色別花言葉は?

さて、カーネーションの色別花言葉をまとめていきますね。

カーネーション色別花言葉

★ 赤・・・深い愛・母への愛

★ 濃い赤・・・私の心に悲しみを

★ ピンク・・・女性の愛・感謝の心・あたたかい心

★ オレンジ・・・純粋な愛情

★ 青・・・永遠の幸福

★ 紫・・・気まぐれ、移り気

★ グリーン・・・純粋な愛情・感受性豊か

★ 白・・・純粋な愛・愛の拒絶・愛情は生きている

★ 黄色・・・拒絶、拒否、嫉妬、侮蔑、軽視

このカーネーションの色別花言葉を見ればわかるように、印をつけたところは母の日のプレゼントとしてはふさわしくないと思うので避けましょうね。

まとめ

いかがでしたか?

カーネーションには色によってこんなに意味が違ってきてしまいます。

自分が知らずにきれいだからと思って母の日にプレゼントしたら・・・もし母が色の持つ意味を知っていたらすごくショックを受けてしまうかも(汗

なので母の日にはやっぱり赤やピンクのカーネーションがいいかもしれないですね♪

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする