貯金できない人ができるようにする方法は?コツはあるの?分ける方がいい?

なんとか貯金しなくちゃ!って思っても貯金ができない…貯金ができないにはいろいろな理由があると思いますが、少しでも貯金をしておかないと不安ですよね。

そんな方に今回は、

  • 貯金できない人ができるようにする方法は?
  • 貯金をするコツは?
  • 貯金は分ける方がいいの?

についてまとめています。貯金が少しずつでもできるようにお役に立てたら幸いです。

貯金できない人ができるようにする方法は?

8c0822942c24ab5bf27703cbc1267dc6_s

貯金できない理由・・・はいろいろありますよね。

・収入が減ったために生活するだけで精一杯
・収入はかわらないけどいつも使ってしまう…
・急な出費がいつもなんだかんだ重なって貯金するお金が残らない

などなど、それぞれの事情があると思います。でも貯金はよほどの生活困窮状態でなければ少しでもすることができます。

貯金できないひとつの理由としては・・・

残ったお金から貯金しようとしているとういことが多くあります。

貯金は残った分を貯金しようとしても貯金できない状態になるのが人間です。よほど意志の固い方ならできるかもしれませんが私には無理ですね(汗 というより大半の人が難しくなると思います。

ではどうすれば貯金することができるようになるのかを次にまとめたいと思います。

貯金をするコツは?

貯金するコツは・・・

・必ず給料から先取りする
・給料が振り込まれる口座から自動引き落としで積立貯金をする
・会社の財形積立を利用する

なんだ~こんなことか・・・と思った方!貯金はまずこれをすることから始めて下さい。月に数千円でも貯金を始めることで貯金をする癖がつきます。

貯金できないのはお財布にお金があるとどうしても使いがちになります。先に貯金としてよけてしまうことで手元にお金がないので、手元にある分で生活しようとするのが人間です。

そうです。まるで支払いのように貯金に回す分を先に取り分けてしまってください。初めからその貯金分が給料としてなかったお金のようにしてしまいましょう。

貯金するコツは初めからないものとして生活をすること。

これができるようになれば、次は貯金を減らさないためのコツ

貯金をする通帳にはキャッシュカードは作らない

これかなり重要です。

キャッシュカードを作ってしまうといつでも簡単に引き出せるので、せっかく貯金をしてもただのお財布状態になってしまいます。すぐに引き出せない状態を作ることで、安易に手を出さなくなるので貯金を減らさずに済みます。

スポンサーリンク

貯金は分ける方がいいの?

貯金ができるようになれば貯金を用途別に分けると良いですよ。

ひとつにまとめて貯金をしていると、急な出費の時についでに…と少し余分に出してしまったり、定期貯金を解約してしまったりということがでてきます。

それを回避するためと、用途がはっきりわかっていれば貯金はとてもしやすくなります。

・子供の教育資金(〇〇までに〇〇円貯金する)
・車検、車修繕費、車税金
・急な出費用

など、自分の用途に合わせていくつかに貯金を分けることをおすすめします。

こんなことを書きながらも私は全く貯金ができない人でした。

それを始めは3000円の引き落としの貯金から始めたことであまり負担なく貯金をすることができるようになりました。

慣れてきたころに用途別に分けることによって、さらに貯金できるようになったのでぜひやってみてほしいと思います。

もうひとつ実践していることは、食費の袋わけです。1週間分ずつにわけて必ずその中でやりくりするようにしていくとだんだん楽しくなってきて、いくらかは余るようになったので、その分は貯金箱に貯金するようにしました。

貯金箱にある程度貯まったら自分へのご褒美として好きなものを買ったり、給料がとても少ないときの足しにしたりしています。

まとめ

いかがでしたか?

ちょっと貯金できるような気になってきませんか?

始めはあまりに無理な金額から始めないようにして、少額から始めてみて下さい。きっと貯金できない体質から脱却できますよ♪

慣れてきたら用途別に分けて貯金もできるようになります。頑張って下さいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする