インフルエンザは妊娠中にかかると赤ちゃんに影響ある?薬を飲んだけど大丈夫?体がだるいけど大丈夫?

妊娠中にかかってしまったインフルエンザ。無事に産まれてくれるんだろうか…お腹の中の赤ちゃんへの影響がとても心配ですね。

そんな方に今回は、

  • インフルエンザは妊娠中にかかると赤ちゃんに影響はあるの?
  • インフルエンザにかかり妊娠中に薬を飲んだけど大丈夫?
  • インフルエンザは治ったのに体がまだだるいけど大丈夫?

についてまとめています。一日も早く体力を回復して元気な赤ちゃんに会えますように…。

インフルエンザは妊娠中にかかると赤ちゃんに影響はあるの?

ea56f8b48b8e7cdd0f160e2df61e3a5a_s

妊娠中にインフルエンザにかかるとお腹の赤ちゃんに影響があるのか心配ですね。過去には実際妊娠8ヶ月の妊婦さんがインフルエンザが悪化して救急搬送されて帝王切開で出産したというケースがニュースに取り上げられました。

でもこのようなケースはまれです。

基本的に妊娠中にインフルエンザにかかったとしても直接胎児に影響がでることはないそうです。

ただ、心配なのは高熱。

母体の体温が高くなると胎児の体温も上がってしまいます。胎児はお母さんより0.5℃ほど高くなるようなので…早めに病院を受診して対策した方が安全ですよね。

もし、インフルエンザを自力で治したとしても深刻な影響はほとんどないようなので心配はいらないと思います。

妊娠中にインフルエンザにかかってもほとんどの方が元気な赤ちゃんを出産しています。

とはいえ妊娠中は心が不安定になりやすいですよね…
胎動がない…などどうしても心配であれば産婦人科に相談してくださいね。

インフルエンザにかかり妊娠中に薬を飲んだけど大丈夫?

インフルエンザであまりにも辛くて、病院から処方された薬を飲んだけどお腹の赤ちゃんが大丈夫なのか心配…。

確かに妊娠中には飲まない方が良い薬もありますが、病院で妊娠中であることを伝えて処方された薬であれば心配する必要はないと思います。

日本産婦人科学会で現在処方されるインフルエンザの薬に突出した影響はないと発表されていますので、医師の指示に従いましょう。

インフルエンザで怖いのは高熱やひどい咳が続くことです。40℃にも近いような高熱が何日も続いたり、酷い咳が続く方がお腹の赤ちゃんが心配です。

妊娠中なのに薬を飲んでしまった・・・と落ち込むのではなく、早く治す努力ができたと考えるようにしましょう。

ただ、インフルエンザの症状がなくなった後でも体調がすぐれないようであれば一度産婦人科の診察を受けて下さいね。

スポンサーリンク

インフルエンザは治ったのに体がまだだるいけど大丈夫?

インフルエンザは治ったのにまだ体がだるい…頭痛も残ってる…

インフルエンザは治ったとしてもしばらく体がだるいというような症状はよくあります。まして妊娠中であれば余計です。

高熱がでたあとで体力もなくなっているのでとにかく安静に過ごすことが何より大切になってきます。

体がだるい間は体力を温存するためにもよく睡眠をとるようにしましょう。
部屋の湿度を60%くらいに保つと良いです。

体がだるいだけでなく、嘔吐があったりひどい頭痛が続くようであれば、かかりつけの産婦人科へ連絡をしてインフルエンザにかかっていて薬も飲み終わったのにこんな症状があると詳細に伝えて医師の指示を仰ぎましょう。

診察した方がよいと判断されれば受診し、そうでなければゆっくり体を休めて赤ちゃんの為にも体力回復をしてくださいね。

まとめ

いかがでしたか?

妊娠中にインフルエンザにかかってもほとんどの方が無事に赤ちゃんを出産しています。

医師から処方された薬であれば心配することはありません。安心してゆっくり体を休めましょう。

治ったはずなのに、ひどい咳が続いたり吐き気があるようなら、かかりつけの医師にまずは電話で相談してみましょう。

元気な赤ちゃんに会えますように・・・。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする