季節のイベント情報|小春日のそこが知りたい!

イベント情報をまとめています

*

厄払いって厄年には必ずするもの?遅くなっても意味があるの?何をするの?

   

今年厄年だけどやっぱり厄払いってしたほうがいいのかな…。自分はあまり興味ないけど家族は厄払いに行った方がいいっていうんだけど、厄払いって意味あるのかな。

そんな方に今回は、

  • 厄払いって厄年には必ずするもの?
  • 厄払いは遅くなっても意味があるの?
  • 厄払いって何をするの?

についてまとめています。厄払いに行くかどうかの判断材料になれば幸いです。

スポンサードリンク

厄払いって厄年には必ずするもの?

7e0da0fd0fd5b941983c66efd4c25662_s
厄年になると周りから厄払いに行かないの?
厄払いはいったほうがいいよ。。。

などなどまわりから言われることが多くなると思います。

そもそも厄年ってなんなの?何で厄払いに行った方がいいの?って思う方もいると思います。

確かに、人それぞれ考え方も違うので厄年なんて気にしない方もいると思いますし、厄払いもしなくちゃいけないというものでもありません。

厄年というのは体調面での転換期、仕事など人生の転換期といわれています。

男性の大厄42歳はまさに働き盛りの時で仕事のストレスなど多く体調を崩しやすい時期となり、女性の大厄33歳子育てや家庭でのやりくりなどとても忙しい時期を迎えている時期になります。

こんな時期だからこそ厄払いをして災いが降りかからないようにするのが厄払い。

厄払いをしないと、厄年の本人だけでなく家族など周りにも災いを招くと言われているので私は厄払いは行った方が良いと思っています。

もし自分の厄年の間に、家族や周りに何か災いがおこってしまった時に、自分の厄がふりかかった…厄払いに行かなかったからだ…と後悔はしたくないですよね。

厄払いは遅くなっても意味があるの?

厄払いに行こうと決めたけど、すでに今年は厄年。その年の厄払いは節分までには行かないと意味がないと聞いたこともあると思います。

厄払いの時期についてはいろいろ諸説があります。

年が明けてすぐに神社やお寺で厄払いをしなくては意味がない。という説もあれば節分までに厄払いをすれば大丈夫。。。いつでも大丈夫。。。など

一番多く言われているのは、節分までに行く方が良いという説ですがここにこだわる必要は全くないと私は思います。

そもそも厄年というもの自体が、平均寿命が延びた現在では変わってきているという説もあるくらいあやふやなもの。

たまたま喪中で神社などには行く気持ちになれない…忙しくて節分までに行けなかった。そんな方もたくさんいます。

実際、厄年でなくても不運が続くからという理由で厄払いに行かれる方も多くいらっしゃいます。厄払いに行こうと思ったその時でも十分に意味はあると私は思いますよ。

スポンサードリンク

厄払いって何をするの?

厄払いはした方がいいとわかっても、いったい厄払いって何をするのか気になりますよね。

厄払いは神社やお寺で厄除け祈願をしてもらいます。

私が厄年の時は前厄、本厄、後厄の3年間神社にいって厄除け祈願をしてもらいました。

3年間行くのは大変だということで本厄の年にだけ厄払いに行かれる方も多いようです。

神社に厄払いの予約をして、紅白の蝶結びか結び切りののし袋の表書きに『初穂料』と書き、下に厄除け祈願をする本人の名前を書き、中袋には金額も記載しておきましょう。(お寺にお願いする場合は『お布施』と書きます)

当日、スマートに渡せるように準備していきましょうね。

そして当日に何をするのかというと、そんな大変なことは何もありません。

神主さんが厄払いの祝詞をしてくれている間、頭を下げて自分も祈願しましょう。その後、家に飾る厄除けのお札などが渡されます。

厄除けのお札の飾り方などは直接神主さんに聞いてみると良いですよ。

特に何をするということはないですよね?ぜひ時間を作って自分や家族のために厄払いに行かれてはどうでしょうか。

まとめ

いかがでしたか?

もし自分が厄年の時に何かあったとき厄払いしなかったからだ…と後悔がないようにも厄払いには行っておく方が良いのではないかと思います。

時期が遅れたからといって意味がないことはありません。思った時に厄払いにいけばそれで良いと思いますよ。

そんな大変なことは何もないので自分と家族のために行ってみてはいかがでしょうか。

参考になれば幸いです。

スポンサードリンク

 - 暮らし , ,