季節のイベント情報|小春日のそこが知りたい!

イベント情報をまとめています

*

原因は副鼻腔炎?頭痛が治らない…吐き気までするときの対処法は?

   


繰り返し起こる頭痛、つらいですよね。

何年たっても治らないあなたの頭痛は、副鼻腔炎が原因かもしれません。

頭痛で、いつまでもつらい思いをするのは、もったいないと思いませんか?

そんな方に、恐い副鼻腔炎が原因かもしれない頭痛が楽になる方法をアドバイス!

スポンサードリンク

原因は副鼻腔炎!? 頭痛が治らないので受診

原因は副鼻腔炎!? 頭痛が治らないので受診したら、予想もしない症状でした。

「頭痛が治らない」そのような症状で病院に行ったら、「副鼻腔炎」(ふくびくうえん)だったという話をよく聞きます。

「なんだそりゃ?」って話ですよね。

「副鼻腔炎」は病気ですから正しいことを知っておくことが大事です。

「副鼻腔炎って何?」そんな人も多いんですけど、ここでは簡単に分かりやすく説明します。

副鼻腔炎は素人の自己判断では治らないので、病院に行くことをオススメします。

でも、その前に副鼻腔炎について知っておいて下さい。

副鼻腔炎とは?蓄膿症とは違うの?
副鼻腔とは簡単に言えば、鼻の穴の奥にある頬や目の周りの空間のことです。

副鼻腔は骨に囲まれた空間で、そこに炎症がおきて膿がたまってしまうのが、副鼻腔炎と言われています。

簡単に言えば副鼻腔炎と蓄膿症は、ほぼ同じです。

要するに、顔にある空間に膿がたまって、頭痛みたいな体に悪い影響を起こすってことです。

副鼻腔炎は頭痛や吐き気もおこす!

副鼻腔炎恐るべし。

合併症は頭痛だけでなく、吐き気・目まいも起こします。

副鼻腔炎についてちょっぴり分かったところで、あなたが悩んでいる症状を見ていきましょう。

これは、副鼻腔のどこで炎症を起こしているのかで症状が違ってきます。

ここでは、副鼻腔炎で起きている頭痛や吐き気などの症状について見ていきましょう・

頭痛や吐き気はどこからくるの?

まずは、目と目のあいだに炎症を起こすと、目のあたりに痛みがでてきます。

さらに、その奥では、頭痛や疲労を感じるようです。

このように、炎症を起こしている部分によってそれぞれの症状があるし、何か所も炎症を起こすことにより合併症となって、「吐き気」や「目まい」までを起こすことになっちゃうんです。

また、急性か?慢性か?によっても、症状や痛み方も変わってきます。

急性では、強い痛みを感じる人が多いようですが、「痛みが軽くなった」と放置しておくと、慢性へと進んでいっちゃいます。

こうなると「MRIやCTで初めて発見」ってこともあるので注意しましょう。

スポンサードリンク

副鼻腔炎からくる頭痛や吐き気の対処法は?

副鼻腔炎からくる頭痛や吐き気は鎮痛剤や吐き気止めを飲んで一時期だけ抑えても、根本的に治るものではありません。

とはいってもすぐに病院へ行けない…など事情もあることともいます。

そんなときの私なりの対処法をお伝えしたいと思います。

私の場合、頭痛と吐き気以外にも鼻の上あたりに痛みもありました。

この鼻の上あたりに、絞ったタオルを電子レンジであたためたものを充てて温めると不思議と楽になりました。

頭痛に関してはどうしても鎮痛剤に頼ることになりましたが、これで病院へ行くまでの期間は乗り越えることができました。

副鼻腔炎は早めに病院に行くことをオススメします。

そのまま自己判断で放置すると慢性になってしまい、さらに悪化すると手術しか方法がなくなってしまう怖い病気です。

早めに病院へ行き適切な治療をすると、これまで苦しんだのはなんだったの?というくらい簡単に楽になりますよ♪

繰り返しますけど、素人の自己判断ほど危ないことはありません。「頭痛が治らない」「顔が痛い」「くさい」など、疑わしいなと感じたら早めに耳鼻科の病院を受診しましょう。

早めに対処すれば、副鼻腔炎も頭痛もそんなに恐いものではありませんよ。

まとめ

いかがでしたか?

副鼻腔炎は放置すると怖い病気ですが、早めの治療をすれば割と早く治る病気です。

私が初めて病院へ行ったときに意外なことを聞きました!

副鼻腔炎の原因なのですが、虫歯が関係しているということでした!

歯の根っこ部分に膿がたまっていて、それが原因で副鼻腔炎になることもあるようです。

とにかく、頭痛や吐き気から楽になりたいときはすぐに耳鼻科を受診してくださいね。

スポンサードリンク

 - 病気 , ,